大雪に伴う生徒の安全確保について(依頼)平成30年1月22日(月)

厳寒の候、保護者の皆様におかれましては、ますますご清祥のこととお喜び申し上げます。
 さて、気象庁の発表では、発達する低気圧とその後の強い冬型の気圧配置により、22日から23日にかけて関東の平野部においても大雪が見込まれております。
 つきましては、今後の状況により下記のような対応を行いますので、ご理解とご協力をお願いいたします。
 

1 登下校時の対応について
(1)下校時間帯に大雪が想定される場合には、安全確保のため教職員の引率等を行う可能性もあります。
(2)教員が引率しての下校でも危険が想定される場合には、保護者に、児童生徒の引き取りをお願いする連絡を行う可能性もあります。
(3)23日(火)は、部活動の朝練習、生徒会のあいさつ運動も中止し、登校時間を2時間遅れとし、出席確認は10:30とします。

2 そ の 他
(1)テレビ・ラジオ・インターネット等により大雪等の最新の情報を把握し、各ご家庭で登校時等の対応について適切にご判断ください。
(2)地域により気象状況は異なりますので、学校からの連絡がない場合でも、大雪や路面凍結等の危険が想定される場合には、各ご家庭の判断で登校を遅らせる等の適切なご対応をお願いします。
(3)明日、受験をする予定の三年生の生徒・保護者さまにつきましては、受験予定の学校ホームページにて受験生向けの情報を前日夜及び当日早朝に確認の上、受験に臨んでくださるようお願いいたします。実力が発揮できるよう祈念申し上げます。

和光市立第三中学校
校長  山口 真司

更新日:2018年01月22日 14:56:45