文字サイズ

指導重点・努力点

本年度の教育指導の重点目標と努力点

1.学習指導の充実・学力の向上

 1. 基礎的・基本的内容を重視し、定着を図るための指導法の工夫改善
 2. 個に応じた指導と学ぶ喜びが味わえる授業の創造
 3. 体験的な学習と学んだ実感の味わえる指導法の工夫改善
 4. 評価の観点と評価規準の適切な設定、評価の工夫とその活用

 

 

2.豊かな心を育てる教育の推進(道徳教育)

 1. 教科化を見据え、全教育活動を通して、人間尊重を基盤とする豊かな心を育成
 2. 道徳的心情を豊かにし、道徳的実践力を高める指導
 3. 学級における年間指導計画の作成と指導技術の向上
 4. 副読本、資料集の効果的な活用
 5. 生徒会・委員会活動を中心に、福祉・ボランティア教育や体験活動の充実

 

 

3.特別活動

 1. 生徒の自主的な活動への支援と、集団への帰属意識の高揚を図る指導
 2. 学校行事への積極的な参加を促す、魅力ある学校行事の企画立案
 3. 生徒の成就感・達成感を高める指導過程の工夫改善
 4. 生徒会組織の改変に伴い、生徒会本部と各委員会が互いに連携する活動の展開

 

 4.総合的な学習

 1. 総合的な学習の研究推進と機能的な組織づくり
 2. 全体計画・年間指導計画の作成吟味
 3. 総合的な学習の展開に必要な資料収集

 

5.生徒指導・教育相談

 1. “生徒による学校づくりの指針”を明確にし、3つの合言葉(あいさつ・歌声・清掃)により、誇りを持つ生徒を育てる
   ○生徒・教師があいさつし合う学校
(あいさつ)
   ○歌声の響きあう学校(歌声)
   ○きれいな学校(清掃)
 2. 生徒理解を基盤に、全教育活動を通じて生徒一人一人を生かす場の設定と工夫
 3. 講話、体験等を通じ、是々非々の指導により生徒の耐性、良心、正義感等統制力の高揚を図る
 4. 家庭・地域・関係機関との連携と協力の推進
 5. いじめを未然に防ぎ、不登校ゼロを目指す

 

6.進路指導・キャリア教育

 1. 3年間を見通し、発達段階にふさわしい人生観、職業観の育成
 2. 主体的な進路選択と生き方指導の推進
 3. 職場体験学習など体験的な進路学習・活動の実践
 4. 教育活動全体を通した計画的、組織的な進路指導・キャリア教育の推進

 

 

7.人権教育

 1. 人権を尊重する教育の徹底と具体的実践
 2. 他者の痛みを共有できる心の育成
 3. 校内研修会の充実、人権講演会の開催(道徳授業との集中学習を計画)

 

8.保健・安全指導

 1. 自己管理能力の育成(怪我等の発生件数の減少に努める指導の強化)
 2. 薬物乱用防止教育・喫煙防止教育・性に関する指導等の積極的推進
 3. 学校保健委員会の充実と効果的活用
 4. 小学校とも連携し、災害等に対する備えや訓練の充実(危機管理体制の更なる充実)
 5. 交通安全や事故防止に対する指導の徹底 

 

9.環境美化教育

 1. 校舎内外の美化と掲示教育の推進(掲示板の整備)
 2. 清掃活動の重視と公共物を大切にする心の育成(美化コンクールを中心として)
 3. 美化コンクールを中心として、環境整備の充実

 

10.国際理解教育

 1. 日本や外国の文化・伝統等を理解し、国際人としての資質の育成
 2. 英語指導助手の効果的な活用
 
3. 英語検定(卒業までに3級以上)やスピーチコンテストへの積極的な参加
 4. 卒業までにAETとスムーズな日常会話の習得

 

11.福祉・ボランティア教育

 1. 体験的な活動を通じ、福祉に関心を持つ態度の育成
 2. ボランティア意識の高揚を図る場の提供

 

12.情報処理教育

 1. 情報収集手段としてのコンピュータの活用
 2. 校内LAN整備後の管理と活用の運用マニュアルの作成
 3. デジタル校務の効果的な活用

 

13.特別支援教育

 1. 発達障害を含む障害のある生徒への適切な支援の充実
 2. 特別支援教育についての校内研修の推進
 3. 校内支援体制の整備、充実
 4. 保護者や医療、福祉等の関係機関との連携・・個別の支援計画の作成

 

更新日:2015年04月03日 16:26:39